読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シンガポール日記

シンガポールに赴任中のサラリーマンの日々。

3週間経過 ー 少しだけ慣れる

また1週間空いてしまった。平日は仕事をして飯を食って帰ると、帰宅が22時前後になる。そうすると、そこからPC立ち上げてblogを、という気分になれない。。まぁ仕方あるまい。

ただ、だんだんと現状への疑問も湧いてきた。海外に行くなど滅多にある機会ではないのに、「仕事だけ」になってしまうのは勿体無いのではないか、と。誰にでも代わりの効くような仕事なのだから、仕事にはメリハリをつけて、時には自分のしたいことをする時間を作るのも重要ではないか、と。滞在期間中の思い出が「とにかく仕事だった」というのは、良いことかもしれないが、面白くはない。仕事もそれなりにやったうえで、どれだけ自分の糧になる経験をできるか、だろう。

家族を残して単身で来ている自分として、単身だからできること、というのもあるだろう。何しろ、空いた時間のほとんどは自分のためだけに使ってよいわけだ。その時間を、だらけていました、では本当に意味が無い。何をしていくのか。本当に吟味し、動き出さなければならない。時間は有限である。

今週は、寝る前に英語の音読を始めてみた。現地にいると、より現実の会話を想像しやすいので、音読練習にも気合が入りやすいと感じた。何より、日本にいる時は音読練習がしづらい。喫茶店で大声は出せないし、家で子供が寝た後にも大声は出せない。これは、単身で来ているから出来ることの、間違いなく一つなのだ、自分にとって。

 

さて、今週末の雑感を箇条書きで。

・仕事には徐々に慣れてきた。英会話は全然ダメだが、これはどんどん使っていくしかない。海外に来たからといっていきなりできるようになるなどという魔法や奇跡はないのだと実感。毎日、どれだけ英語を使ったか、読んだかといった「量」を追求したい。

・周囲は働きまくっているが、だんだんと冷静になってきて、自分にやるべきことが無い時は切り上げる、ということができるようになってきた、ような気がする。というか、そうしたいし、そうするべきだ、というマインドになってきた。

・生活面。とにかく金がかかる。金曜日、ついに出国前に両替した10万円分のSGDが底をついた。約3週間で10万円。1年で170万円換算である。初期だから勝手がわからず使いすぎた、というのもあるが、ちょっとかかりすぎだ。ほとんどが飲食代、食品代、酒代である。余計なものを買わないようにすること、高めの外食を避けることを意識していきたいと感じた。

シンガポールには、やたらとショッピングモールがある。色々あって楽しそうだなぁなんて思っていたが、複数のモールに行って思うのは、どこも似たりよったりで飽きるということだ。そのうち、行くところは固定化されそうである。

・そして、ショッピングモール内のレストランは、ちと高い。リーズナブルそうな店を選んでも、一人約15ドルくらいが相場。で、水もタダじゃない。まぁ、日本のショッピングモールの、フードコードではない専門店に入って、セットメニューを食べるのと、同じくらいの値段。これを毎日やっていたら、そりゃ金が無くなるよなと。

・ということで、ホーカーである。ホーカーは、だいたい5ドル前後。安い。但し、当たりはずれがある。びっくりするくらい不味い店もあった。いかにホーカーを利用するか、またクオリティの高い店を見つけられるかが、今後の課題である。

・お酒が高い。自分が仕事帰りに立ち寄る食堂では、ビール大瓶が1本約7.5ドル。対して、食事は4~8ドル。普通にビールの方が高い、と。この現実になかなか馴染めない。ちなみにスーパーでは大瓶1本がだいたい5~6ドル。外で飲むよりは幾ばくか安いため、今後は外で飲む機会を少しでも減らしたいと思う。

・ただ、店によっては割引もあるっぽい。ある店では、JCBと提携していて、JCBカード利用前提ではあるが生中2つオーダーすれば1つ分の価格(それで一杯あたり5ドル、つまり通常価格は一杯10ドル。。。)、というサービスがあったりした。知らないだけで、もしかしたらそういうサービスがけっこうあるのかも。今後の課題にしていきたい。ってどんだけ飲みたいねん。飲みたいんです。

・週末、散髪に行った。SUNTEC CITYというショッピングモール内にあるQB HOUSEである。日本語通じるかと思ったけど、やっぱり通じなかった。でも、事前にある程度床屋単語を調べてから行ったので、何とか自分の希望はわかってもらえた。並んでいた客の半分くらいは、日本人かな?という感じだった。15ドル。ちなみに、日本人が接客する「床屋さん」は、カット+シャンプーでだいたい40ドル前後が相場みたいだ。日本にいる時でさえ1000円カットだったのに、こちらに来て敢えて通常の床屋に行く道理は無い。言葉がなんとか通じるのも実証済みだ。これからはQB HOUSEで貫く、と決めた。

・こちらのケンタッキーを食べてみた。ちょっと塩味が薄い。こちらの方々は、スパイシーなソースにつけて食べていたが、俺は日本の味付けが好きだなぁと。でもけっこうボリューミー(デカいフライドチキン1個+デカいチキンナゲット3本+小コールスローサラダ+小フライドポテト+コーラ)なわりに8.1ドルと、安かった印象。

・土日とも、家族とskypeで会話した。妻は疲れている様子だったが、周囲に支えてくれる人がたくさんいて、寂しさとは無縁の様子。何よりである。万が一シンガポールに生活するようになる、その時が心配である。俺でさえまだ慣れていないのに、いわんや家族をや、である。まぁ今はそれを心配しても意味がないので、あまり考えないようにしているが。

 

・さて明日からの1週間が終われば、なんと早くも1か月が経過してしまう過ぎるとあっという間である。このblogで振り返りをしながら、限りある時間を充実させたいと思う。

・外は雷が鳴って、スコールになっているが、そろそろ晩飯を食いにホーカーに行かねばならない。。。